ボルゾイ子犬販売
ブログ カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
ベルサリウス物語 ベルサリウス写真館 キャスパー伝説
<< 11月17日群馬のドッグショーにて | main | ドッグショーのようす >>

ドッグショーにて、お立ち台

今日もタイミングずれて写せなかったこが、大部分ですが、少しだけでもアップしてみました。
受賞犬の皆様、おめでとう御座いまーす。
本当に良かったですね!!拍手


本日のベストインショードッグです!
御免なさい私のカメラでは此れが限界かなぁ…やっぱり敵のカメラを盗んでくるべきだった…反省・・・・

リザーブキングのジャックラッセルテリアです。
段々とジャックも定着してきました。ジャック飼いにとっては嬉しい限りです!

あんまり子供達の雰囲気が良かったので、ご免、犬より子供に視線が行ってしまいました。

日本では土地事情等で、マルやシーズーがおなじみですが、ショードッグの場合はこうして綺麗にして上げられますが、どうしても家庭で飼う子達は長いコート状態では一日を過ごせないので、カットしてしまいますが、本当はこんなに美しくなるのです…の見本のようなものですね。

ゴールデンも一時期の溢れるようなゴールデン時代が通り過ぎ、落ち着いた時代に入ってきたような感じです。

ちょっと、スカートがサルーキーの色と同化してしまってラインが見せられません、残念ですね。でもハンドラーさん達も大変です。そのこが光るように衣装も犬の色に合わせて色々と考えなければなりませんので…

はい、我が家の、スパーク×キョンキョンベィビー≪アテナ≫です。クィーンを戴きました!!
2回目のチャレンジでした。先の楽しい子です!
実はマリブと全くの、リピートです。
(そうかあ、だから似ているんだ…なんて皆さんに言われました♪)

この日のパピーのBISでした。
田村ハンドラーさん嬉しそう!!
大関京子あと一息だったので、悔しそう…(笑)
おめでとう、田村さん拍手

そして白カラーのショードッグが続きます。プードルでした。プードルは手のかかる犬種の筆頭くらいですので、やっぱり大変ですね。ご苦労様でした!

そして、チビチビ軍団が続きます。
可愛いチワワです♪
浪江ハンドラーさんが引いてると、まるで森の熊さんが子守をしているような優しさを感じます。

シェルティです。
そういえば、かなり昔に感じますが、大関舞所有の≪ブラッド≫という素晴らしいアメリカチャンピオンがいました。
私達がドッグショーに開花した第2期衝撃時代でしょうね。でも何と言っても第1期衝撃時代はグレートデンのハルクイン全米ナンバーワン≪スパッツ≫という子の時代でした。何故衝撃だったかと言う事は又別な機会に・・・・

何時も頑張っている中島ハンドラーさんと切ても切れないご縁のマルチーズ。
ウィナーズドッグですね。オメデトサン!!
| ドッグショー | 09:45 | comments(0) |
コメント
コメントする